毛皮クリーニング

毛皮クリーニング※お店選びで大切な3か条【失敗してからでは遅い】

毛皮のクリーニング店選びで大事なコト3つ

毛皮は、とても特殊な素材で水洗いできないので、クリーニングの時は毛皮専用の工場が必要です。毛皮(リアルファー)を洗うときは特別な粉(パウダー洗浄)で汚れを落とすんです。これは、とても特殊な洗い方なので、一般のクリーニング店ではできません。正確にいうと、引き受けてもらえるのですが、毛皮専用クリーニング工場に持ち込まれるケースがほとんどで、あなたの大切な毛皮がたらい回しされるワケです。

また、ダウンコートのように首回りのみにリアルファーがある一部毛皮製品は、毛皮とそれ以外の部分に分けて洗わなければいけません。ファーが脱着できない場合は、縫い目をほどいてクリーニングしてから、再び縫い合わせる技術が必要です。

毛皮クリーニングができる宅配クリーニング店

 リネット

毛皮専用クリーニング工場

ベテランのクリーニング師

高級素材クリーニングOK

宅配クリーニングでダントツ人気。毛皮専用クリーニング工場で洗うし、一部毛皮製品のクリーニングも受け付けています。毛皮や革製品はベテランのクリーニング師が手間ひまかけて洗うのでしっかり汚れが落ちますよ。全国集配OKです。価格は、毛皮の種類や洗濯物の大きさによって違うので、公式ページをご覧ください。

 白洋舎

有名どころ

信頼感がある

エリア限定

いわずと知れた、プレミアムクリーニングチェーン店。正直いってお値段は高い!けれども、クリーニングの質は高く皇室も利用しているほどです。集配サービスをしていますが、店舗のあるエリアに限定されます。

毛皮クリーニングのメリット

毛皮は、カビが生えやすい素材の1つです。冬場通して身に付けていた毛皮製品は、私たちが思っている以上に汗を吸ってカビが繁殖しやすい環境になっています。毛皮は水を使って洗えないので、カビは致命的な汚れになります。水を使わないドライクリーニングをしてもカビが完璧に落ちることはありません。

目に見えないような小さなムシが付くこともあるのですが、なんと驚くことに毛皮を食べて生息するんです!そして、虫のフンが臭いの元になってしまうんですよ。クリーニングに出すと殺菌&消臭もしてもらえます。なので、冬場に着た毛皮製品は、年1回でいいので春になったらクリーニングに出してあげると長持ちするんですね。

毛皮製品のクリーニング料金ってけっこう値が張るじゃないですか。ミンクやカシミア、ムートンなどの素材にもよりますが、コートで10,000~30,000円、スカートが3,000~7,000円、帽子や手袋でさえ5,000円ぐらいします。毛皮は、とってもデリケートな素材です。なので、毛皮製品は、家庭で洗濯できません。今ではおしゃれ着洗剤とかありますが、色が落ちたり縮むことも当たり前にあるので、いくらおしゃれ着洗剤を使っても自宅で洗うことはやめておくべきですよ。

↑ページtopに戻る